リフォームの知っているようで知らないこと|福岡市・朝倉市の古賀組リフォーム

最短 30分で伺います!
0120-99-3955 受付時間 8:30~5:30(土日祝定休)
  • 現地調査・お見積り
  • 来店予約

 

リフォームの知っているようで知らない事 リフォームの知っているようで知らない事

1 / 1312345...10...最後 »
  • 2020年2月20日

    カテゴリー:快適空間作り

    和室をリフォームしませんか?

    皆さんの家に和室はありますか?

    和室には畳が敷いてありますよね。ご自宅の畳は傷んでいませんか?

    また、和室は落ち着けて好きだけど床に座るには足腰が、、、
    なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    そんな時には思い切って和室をリフォームしてみてはいかがでしょうか?

    今回は主に和室の床面のリフォームについてご紹介します。

    (さらに…)

  • 2020年2月19日

    カテゴリー:快適空間作り

    食器洗浄機のすすめ

    ”食器を洗う時間を短縮したい”、”手が荒れるから水仕事を減らしたい”と考えている人は多くいると思います。

    食器洗浄機があればそんな悩みから解放され、家事全体の時間短縮、手間の削減に役立ちます。手にいれたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

    そこで、食器洗浄機にはどのようなタイプがあり、それぞれにどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

    (さらに…)

  • 2020年1月30日

    シロアリ予防しませんか?

    みなさんこんにちは!

    今回は軒下などで気付かぬうちに繁殖しているシロアリの対策をご紹介します。

    シロアリの被害を防ぐことは、家を長持ちさせる秘訣の一つです。

    そのためにも、お手入れを欠かさず、シロアリの発生を防ぎましょう。

     

    シロアリってそもそも何?

    シロアリを実際見たことのある人は、とても少ないのではないでしょうか。 

    シロアリとは、木を主食とする昆虫です。普段は木の表面には出てこないため、皆さんが目にすることはありません。 

    しかし、実は地球上で最も生息数が多い昆虫と言われ、自然界ではシロアリが存在していなければ生態系が成り立たないことがあるほど重要な役目を担っているのです。

    シロアリは、セルロースという繊維を食べることで栄養を摂っています。

    セルロースは木材や木の幹に多く含まれており、シロアリは倒木などを土に還すため、別名、森の分解者と呼ばれています。

    また、木を食べるシロアリを黒アリが食べることによって、植物性たんぱく質が動物性たんぱく質に変化します。このことから、自然界の食物連鎖においても重要な昆虫とされています。

    ですが、そんな自然界では必要とされているシロアリが、私たちの住む木造住宅にとっては厄介な天敵となってしまうのです。

     

    自分でできるシロアリ予防

    皆さんが気軽にできることは、家の周囲を点検することです。

    とても基本的なことですが、見過ごしてしまうと、シロアリ被害を拡大させてしまうかもしれないので、一度チェックしてみてください。

    〇床下

    床下は、もし潜ることができるなら、入ることをお勧めします。ダイニングにある床下収納庫を上げる又は、畳を上げて床板を外すことで、床下に入ることができます。

    ただし、床を上げて確認するだけでも点検できることがあります。

    無理は禁物です。

    自信がある人に限り、汚れてもいい厚手の服や靴、軍手、帽子や懐中電灯、ドライバーを準備して床下に入ってみましょう。

    〇屋根

    二階の窓から一階の屋根を見るなどして、

    屋根を点検してみましょう。瓦屋根・金属製の屋根といった材質によってもチェック箇所が異なるので、あなたの家にあった項目で確認してみてください。

     

    まとめ

    シロアリは土の中や木材の中で生息していることも多いので、皆さんが見て気付くことは難しいかもしれません。

    ですが、シロアリがいるかどうかは、実際見てみないとわかりません。

    だからこそ、日ごろから予防を意識してみてください。

     

    もしもシロアリなどの被害にあったときは、害虫駆除はもちろんですが、リフォームについても考えなければなりません。

    そんな時お役に立てると思いますので、困ったら▼をクリックしてみてください!

                 https://www.kogagumi-reform.jp/

  • 入浴時間を充実させるために

    1日の終わりに必ず入るお風呂、中には1日の始まりに入る人、シャワーだけ浴びる人、

    必ず1日に1度はバスルームを利用すると思います。

    そんな1日の始まり、終わりといった節目節目で利用するバスルームに不満はないですか?

    今回はバスルームに関してご紹介していきます。

     【入浴の目的】

    入浴には様々な目的があります。

    身体を清潔にすること、リラックスをすること、早朝に入浴し、

    身体を温め目を覚ますことなど、生活していくうえで欠かせない時間だと思います。

    また、入浴は温熱作用、水圧作用、浮力作用、それぞれの物理的作用が働きます。

    それぞれの作用が働くことで、老廃物や疲労物質の除去、コリのほぐれ、血液循環の促進など、入浴することは健康にもつながります。

    健康を維持するためにも入浴は欠かせない行為なのです。

     【バスルームへのこだわり】

    毎日利用するバスルーム、現在のバスルームに満足していますか?

    お風呂のお湯がすぐに冷めてしまう、床がぬるぬるしやすい、カビが生えやすいなど、

    何かしらの不満があると思います。

    毎日のお風呂掃除に費やす時間ももったいないと思います。

    そんな不満をお持ちの方々、仕方ないとあきらめていませんか?

    そこで我慢をすることで気づかぬうちにかなりのストレスになっていると思います。

    初めに言ったようにお風呂はリラックスをする行為で、リラックスをするためには過ごす空間もとても重要なのです。

    きれいで過ごしやすい空間を作るためには毎日細かい掃除をしたり、

    カビが生えないように予防したりとかなり負担が大きいと思います。

    そういった負担はバスリフォームで解決されます。

    カビが生えにくいタイルや浴槽に水垢が付きにくいものなどバスリフォームをすることで快適な空間に生まれ変わります。

    快適な空間へリフォームしてみませんか?

    まず、不満に思っていることを洗い出してみてください。

    その不満や悩みをまずは古賀組にご相談ください。

    https://www.kogagumi-reform.jp/reformmenu/ohuro

    浴槽の水垢、排水溝に絡まる髪の毛、乾燥機がほしい、節水がしたいなど、

    ご要望に応じて快適なバスルームにリフォームします。

     【まとめ】

     入浴時間は生活するうえでとても重要な時間です。

    その時間を快適な空間でリラックスして過ごしたいと思いませんか?

    バスルームからストレスを消しましょう。

    バスリフォームすることで心機一転とても充実した入浴時間を過ごせます。

    お気軽に古賀組にご相談してください。

     

     

  • 2019年12月16日

    すぐわかる!リフォームまでの流れ

    リフォーム前はどんな自宅になるのか楽しみになりますよね。ですが、リフォーム前には段階がいくつかあります!

    リフォームの準備段階から完成後までの流れを事前に知っておくことで、よりスムーズに工事を進めることができます。

    今回は、そんな工事前にすべきことをお伝えしようと思います。

     【まずは工事までの流れを知ろう】

    ①どうリフォームしたいかを決める

    まずは自宅のどこをどうリフォームしたいのかを明らかにしましょう。

    工事をする際は、一度に複数個所を工事することをおすすめします。工事を何回もすればそのたびに工事費がかかります。

    ②相談・見積もり依頼

    「具体的にどうリフォームすればいいかわからない」

    「ほかにリフォームすべきところはあるのか」

    「いくらかかるのか」

    などと心配なこともあるでしょう。そういった相談も含めた見積もりをしましょう。

    ③現地調査

    リフォーム業者は実際にリフォームにどれくらいの期間や建材が必要になるのかを把握するために

    現地調査を行います。それまでにはどこをどうリフォームしたいのかを明確にしておかなければ

    業者が困ってしまうので気を付けましょう。

    ④プラン・見積もり提案

    実際に見積もりが完成したら、なるべく郵送では受け取らず直接業者とあって受け取りましょう。

    理由は、見積もりの内容を施工箇所と照らし合わせながら説明してもらうことで、

    業者と依頼人とのギャップを埋めることです。また、金額についても説明があれば納得しやすいでしょう。

    ⑤契約

    簡単に契約を交わすのではなく、複数の会社と比較したり、業者に相談するなどして納得できる

    リフォーム会社と契約を交わしましょう。

    場合によっては頭金として工事費用の一部を最初に支払うこともあるので、契約内容を今一度確認しましょう。

    ⑥最終打ち合わせ

    最後にプランの修正がないか、工事期間について最終確認を行います。

    リフォーム内容によっては工事期間中は住むことができない場合も考えられます。

    そのため仮住まいを探す必要があるので気を付けましょう。

     

    ⑦工事準備

    工事が始まるまでに準備・やるべきことはいくつかあります。

    1.自宅の掃除・整頓

    工事に取り掛かる際に、作業の邪魔になるようなものは整頓しておくか、処分しておきましょう。

    業者の方が作業しやすい環境を作ることで工事がスムーズに進みます。

    特に物を持ち運びできるように通路には十分なスペースを確保しておきましょう。

    2.近隣挨拶

    近隣挨拶はリフォーム業者がしてくれることもありますが、そこに任せるのではなく依頼主も挨拶に回りましょう。

    挨拶があるのとないのとでは印象がまったく違います。

    リフォーム工事では騒音がなったり、臭いが発生することもあります。

    また、1日で終わる工事もあれば1か月続く工事もあるので、近隣の方には事情を説明して理解を得てもらいましょう。

     

    まとめ

    リフォームに取り掛かるまでにはいろいろな段階が存在します。

    意外と施工までには手間と時間がかかります。

    これらを理解しておくことで、工事までの準備や業者とのやり取りがスムーズに進みます。

    計画から準備まで丁寧に行い、良いリフォームに繋げましょう。

     

     

     

  • 2019年12月13日

    トイレ掃除のポイント・買い替え時

    皆さんトイレ掃除は隅々までできていますか?

    毎日使用する場所であり、綺麗にすることで気持ちよく利用できます。

    気持ちよく利用するためにトイレ掃除を定期的に行いましょう。

    また、「最近トイレの掃除回数が増えたな」と感じた時はトイレを買い換えるサインかも知れません。

    今回は、トイレ掃除の流れとトイレの買い替え時についてご紹介します。

    (さらに…)

  • 換気だけではなく、加湿にも目を向けよう!

    風邪が流行するこの時期、空間を換気を良くするために、家で換気扇を回すのではないでしょうか。
    そんな皆さんの行動は、どこのお宅にも必ずと言っていいほど換気扇が設置してあるため、普段から換気の習慣が身に付いていると思います。
    つまり私たちは、住まいに換気扇がついているから換気を気をつけます。

    ですが、加湿についてはどうでしょうか?
    そこで今回は、加湿について知ってもらい、より快適な生活を送っていただきたいと思います。

     

    加湿とは

    そもそも湿度とは、大気中に含まれる水蒸気量のことです。
    大気中の水蒸気量は温度によって変化するので、空気中の温度が高いほど、多くの水分を含むことができます。
    このため、夏は多湿となり、冬は乾燥するのです。
    そして、加湿をする大きな理由としては、やはり部屋の乾燥を防ぐためでしょう。
    ですが、加湿には他にもメリットがあるのです。

     

    ・暖房効果アップ

    加湿することの最大のメリットは、暖房効果を高めることです。 
    「夏は高温多湿になりがち」と聞いたことがあるのではないでしょうか。この言葉が伝えたいことは、湿度は体感温度に大きく影響するということです。
    つまり、冬場の乾燥からくる寒さも、空間を多湿にすることで体感温度を上げることができるのです。

     

    ・健康の維持

    よく病院の待合室で、加湿器を見かけることがあると思います。実はこれには、インフルエンザの感染を防ぐという理由があるのです。
    詳しく説明すると、湿度が40%を割り込むと、インフルエンザウイルスなどのウイルスが活発になると言われています。また、鼻や喉が乾燥してくると鼻や喉の粘膜が傷つき、そこから雑菌が入り込んで風邪を引き起こしくなります。
    もちろん加湿すれば安心ということにはなりません。ですが、できる限りの対策をすることが良いでしょう。

     

    加湿器の種類

    加湿器には大きく分けて4つの種類があります。
    それぞれ加湿性能や電気代に大きな差があるので、あなたに合ったものを見つけてみてください。
    また、お手入れのしやすさや機能性・安全性の高さも選び方のポイントです。日頃から使用するものですので、使いやすさも視野に入れて選ぶことが重要でしょう。 

     

    気化式

    水を含ませたフィルターに風を当て、水分を気化させて湿度を保ちます。
    また、熱源を必要としない自然に近い方法なので、電気代を抑えられます。
    さらに、本体を転倒させて水がこぼれても熱くないので、子どもや高齢者も安心です。

    スチーム式

    加湿器内にあるヒーターで加熱することにより水蒸気を発生させます。
    他に比べ、広範囲を短時間でパワフルに加湿できるのが特徴です。また、加熱するため、内部に雑菌が繁殖しにくく、清潔感を保ちやすいです。
    手間のかからない、強力な加湿器です。

    超音波式

    水に超音波の振動を与え、微粒子にし、霧のように噴出することで加湿します。
    スチーム式加湿器と比較すると威力は弱いですが、気化式よりも優れた加湿力がある上に、運転を始めた直後に加湿できます。

    ハイブリッド式

    最後にハイブリッド式加湿器です。これは大きく分けて2種類あります。
    1つは、気化式とヒーターを組み合わせたもの、もう1つは、超音波式加湿器とヒーターを組み合わせたものです。

    2種類ともに、組み合わせた両者のメリットを持ち合わせていますが、ほかの種類に比べてやや高価なモノが多いです。生活スタイルや使う部屋はハイブリッド式加湿器を使用するべきか、確認してから購入することをおすすめします。

     

    最後に

    いかがでしょうか?あなたのお住いの家でも加湿を行うことで、多くのメリットがあるのです!
    1つ注意点としては、加湿器はご紹介したように、製品によって加湿能力が異なります。各メーカーが表示している「適用床面積」を確認するなど、使用する空間に合わせた加湿器を選びましょう。

     

  • 2019年12月11日

    階段事故の予防策

    一軒家に住まわれている方、階段で転びそうになったことはありませんか?

    家を建てた時、階段に手摺をつけなかったことが思わぬ事故を生むかもしれません。

    今回は階段での転倒事故、その予防策について紹介します。

    (さらに…)

  • 2019年12月11日

    知らないと損!?リフォームに関する補助金制度

    みなさんは「リフォームで過ごしやすい空間を作りたい」「家の設備を充実させたい」とリフォームを考えたことはありませんか?

    そんな時「意外と費用がかかる…」と思った方もいると思います。そんな時!補助金を活用することでお得にリフォームできる場合があるんです。

    2019年現在で利用できる制度一覧

    ●省エネ改修補助金(最大120万円)

    →断熱材や窓の取り換えによる、断熱改修を行う際に国から出る補助金

    ●長期優良リフォーム補助金(最大100~300万円)

    →耐震性に優れており、省エネ性が高く維持しやすいリフォームに対する補助金

    ●エアファーム設置補助(最大8万円)

    →家庭用燃料電池システム「エネファーム」を設置することで受けられる補助金。電量電池の種類によって補助金の額が変動する

    ●地域型住宅グリーン化事業(最大50万円)

    →定められた基準以上を満たす省エネ性能のある断熱改修に対する補助金

    ●ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業(最大70万円)

    →通称ZEH(ゼッチ)。「太陽光発電」などのエネルギーを利用することで、住宅で使うエネルギーを0にした住宅が対象の補助金

     ①ZEH支援事業 ②ZEH+実証事業 ③先進的再エネ熱等導入支援事業 の3つに分かれている。

     

    ▼ZEH支援事業:ZEHの基準を満たすことで補助を受けることができる

    ▼ZEH+実証事業:ZEHの基準を満たしたうえで、25%のエネルギー削減・高断熱・高度エネルギーマネジメント・電気自動車の充電設備の中から2つ以上の条件を満たすことで受けられる補助金

    ▼先進的再エネ熱等導入支援事業:①か②どちらかの補助金を受けていることが前提。さらにCLT(クロス・ラミネイティド・ティンバー)、地中ヒートポンプシステム、PVTシステムのいずれかを導入していることが条件

    ※CLT(高い断熱性、遮炎性をもつパネル。壁や床などに使われる)

    ※PVTシステム(太陽光・太陽熱の両方を利用してエネルギーを生みだす装置)

     

    以上のように現在では、省エネ性能向上に向けたリフォームに関しては様々な補助金が活用できます。

    また上記の制度のほかに、市町村別でリフォームに対する補助金制度を利用できる場合があります。

    補助される金額は自治体によって変わってくるのでお住いの地域の補助金をあらかじめ調査しておきましょう。

    例)愛知県名古屋市

    耐震診断補助制度:全額補助

    耐震改修補助制度:最大90万円

    太陽光・太陽熱利用設備設置費補助事業:最大出力1kWあたり2万5千円(最大5kW)

    家庭用燃料電池システム設置費補助事業:1台あたり3万円

     

    まとめ

    以上のようにリフォームする際にはリフォーム内容によって対象となる補助金制度が変わってきます。

    ですが、補助金制度は制度によって申請期限が設けられています。

    申請をする場合は、事前に制度について調べ【工事が始まる前】に申請を済ますことを忘れないでおきましょう。

    補助金を活用することで、より充実した住宅リフォームを行うことができるので活用できる制度は

    できるだけ活用していくことをおすすめします。

     

     

     

  • 2019年12月10日

    カテゴリー:快適空間作り

    理想のキッチンにリフォームしよう

    毎日の生活の中で欠かせない場所であるキッチン。キッチンを重視して物件を探すという人も多いのではないでしょうか?
     キッチンの使い勝手は収納の量や位置、調理スペースやシンクの広さなど、その人のライフスタイルや感覚によって異なります。

     毎日使うキッチンだからこそ、こだわりを持って自分に合ったキッチンにしましょう。
    キッチンをリフォームするうえで最初に選ばなければいけないのがキッチンの形です。
    今回はキッチンの形についてタイプ別に紹介します。

    (さらに…)

1 / 1312345...10...最後 »

株式会社古賀組は創業129年。建築のプロが住宅のお困りごとをリフォームで解決します。
福岡市・朝倉市を中心に対応可能。 キッチン、トイレ、お風呂、給湯器、洗面台、外壁塗装、屋根塗装、全面改装、中古住宅など住まいのリフォーム何でもご相談下さい。 老舗の技術とLIXIL品質で安心リフォーム♪